タリホーです。

趣味を中心とした話題に触れていく所存(本格ミステリ・鬼太郎 etc.)

横溝正史

ミステリ作品における「こんな殺され方は嫌だ」グランプリ(候補作)

突然だが、人間誰しも出来ることなら楽に死にたいものである。しかし残念ながら日本は安楽死は法的に認められていないし、ミステリという虚構の中においても楽に死ねた被害者はあまりいない。 ということで、ミステリ作品限定で特に嫌な殺され方をした人が出…

「#好きな邦画とりあえず9本」挙げてみた

大誘拐悪魔の手毬唄全員死刑ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌TRICK劇場版妖怪大戦争(2005年版)姑獲鳥の夏平成狸合戦ぽんぽこテルマエ・ロマエ #好きな邦画とりあえず9本— タリホー@サラリーマン山田 (@sshorii10281) 2020年2月13日 いざ考えるとパッと出てこな…

前代未聞の30分で「犬神家の一族」チャレンジ!?(シリーズ「横溝正史短編集Ⅱ」)

第三週目は過去最大の問題作、約30分で長編『犬神家の一族』を描く前代未聞の試み。これを正しく評価するには、まず原作の要点を振り返るしかないよね。 (以下、原作・ドラマのネタバレあり) 『犬神家の一族』、各章のおさらい 原作は発端から大団円まで計…

奢侈淫佚な事件が洒落っ気溢れるMVに変わる「華やかな野獣」(シリーズ「横溝正史短編集Ⅱ」)

奢侈淫佚(しゃしいんいつ)…ぜいたくにふけり、みだらな楽しみや遊興にふけるさま。 待ちに待った第二週目は「華やかな野獣」。原作本は手元になく、電子書籍もやっておらず、古書店巡りもしなかったので、今回に限っては原作未読で楽しませてもらった(物…

時代性を排除した「貸しボート十三号」(シリーズ「横溝正史短編集Ⅱ」)

シリーズ「横溝正史短編集」、前回放送されたのが2016年11月なのでその間約3年ちょっと。そしてその3年ちょっとの間にシリーズ「江戸川乱歩短編集」の方は第二・第三シーズンの話が放送されていたため、横溝クラスタの一人である私、「金田一の方はまだなの…

『狩人の悪夢』における『本陣殺人事件』らしさ(ネタバレあり)

正月休みの勢いにまかせて、『狩人の悪夢』を読了。その際に『本陣殺人事件』らしいものを感じたので自分なりに考えてみた。 (以下、『狩人の悪夢』『本陣殺人事件』のネタバレあり。また『狩人の悪夢』はHuluオリジナルドラマ版についても言及するので未試…

五百子に手毬唄検索機能が搭載された、加藤シゲアキ版「悪魔の手毬唄」(ネタバレあり)

前作「犬神家の一族」から一年、正直前作の出来がイマイチだったので「今回もイマイチだったら感想を書くのやめようかな~」と思っていたが、なかなか良かったので書くことにした。 (以下、ドラマと原作のネタバレあり) 加藤シゲアキの金田一(通称「シゲ…

愛が多すぎてまとまりに欠けたBSプレミアム「八つ墓村」(ネタバレあり)

今回の八つ墓村、2004年の稲垣版から実に15年ぶりのドラマ化だったのか。 さあ、視聴後の熱冷めやらぬうちに感想をば。 (以下、ドラマ・原作のネタバレあり) 愛がテーマの吉岡版 インタビュー記事で既に紹介されていた通り、今回の八つ墓村は「愛」がテー…

傑作本格ミステリ、映像化続々(『屍人荘の殺人』『大誘拐』『犬神家の一族』)

今年の7月に井上真偽原作のドラマ「探偵が早すぎる」が放送された時は、 「探偵が早すぎる」の映像化が早すぎる といった一言がミステリクラスタの間で飛び交ったが、 この度またまた早すぎる映像化が決定した。しかも今回は映画化。 それが今村昌弘のデビュ…